海外旅行 飛行機

中国国際航空で上海浦東空港へ

16:25 発の中国国際航空で上海浦東空港へ向かいます。座席は3-3のナローボディでシートにモニターが付いていません。
やっぱりね。

以前同じようにナローボディに乗ったときに機内エンターテイメントが無かったので,タブレットでダウンロードしていたプライムビデオを視ようとするとCAから
「不行(ダメの意)」と言われたことがあります。
その時は「何だ?この航空会社は!」と思ったことがあったのですが、今回は視てもいいようです。ちょっとはサービスが向上したのかな?

いつものように通路側を座席指定していたのですが、反対側の3席に母親と子供二人が座っていて、もう一人の男の子が私の席にいます。案の定その母親から「席を替わって欲しい」と言われましたがお断りしました。搭乗前にビールを飲んでいて、トイレに立つのが分かっていますので。且つ、その男の子は窓の外を見たそうにしています。
不親切な人間と思われたでしょうが、仕方がありません。
その代りに食事や飲み物の時に取り次いであげたのですが(というのもCAさんは日本語を話しません)、飲み物のリクエストを訊かれたときにその10歳ぐらいの男の子が「Sprite  with  ice、please.」と流暢かつ丁寧に答えるではないですか!
「英語が喋れるの?」と訊くとうんうんとうなずいています。
母親は日本人でですが父親はポーランド人とのこと。これからミュンヘンへ行く(自分たちはミラノからミュンヘン)とのこと。しっかりしてますね。
男の子の父親は2列前の通路側に座っておられました。どうやら事前に座席指定しなかったようです。

偶然ですがですが前の座席の人もドイツに行くのかるるぶドイツかまっぷるドイツを見ておられました。
私もいつも旅行に行く前には全体把握のためにるるぶを買うのですが、荷物になるので今回は写メで携帯です。特に日本語で書かれた地図や地下鉄の路線図が便利ですね。

中国国際航空、関西ー上海路線の機内食

機内食はごく普通で不味くはありませんでした。粒あん最中は妻にあげました。

中華系の航空会社を敬遠される方もおられますが、日本発着の路線に関しては、中華系といえども日本人が食べられるような味付けになっているように思います。
エコノミーの機内食って普通に食べられればOKだと思うんですが、どうでしょうか?

一度、タイ航空に乗った時の機内食の牛肉が、付属のプラスチック・ナイフで切れなかったことがあったのですが、そういうことでもない限りは特に問題に思うことはありません。

-海外旅行, 飛行機
-, ,

© 2021 連休は旅行!連休でなくても旅行! Powered by AFFINGER5