海外旅行 空港 飛行機

香港空港からヒースロー空港へ、ロンドン・リバプール・2019年お盆休みにビートルズ(THE BEATLES)

関空から香港空港に4時間で到着。乗り継ぎ時間は1時間40分です。

香港空港内はデモとは無縁

経由地の香港国際空港は外のデモとは全くの無縁状態でした。

荷物検査を受けてから次に乗る同じくキャセイのロンドン・ヒースロー行きの便のゲートに向かいます。

飛行機の座席指定をする際、後方席を選ぶ最も大きなデメリットがこの列に並ばなければいけない事。前方座席を選ぶともっと列が短いうちに並べるかも知れません。

乗継便はゲートを確認する

乗継便のチケットにはゲートが書かれていないので、空港に着いた時に掲示板で自分が乗る便のゲートを確認しなければなりません。
乗り継ぎ時間が少ない時は特にゲートが遠かったり、バスやシャトルに乗って行かなければならなかったりすると時間がかつかつの事もあるのでとにかく最初にこれをやっておかなければなりません。

たまにゲートの位置が非常に分かりづらいこともあります。
なんか階段を下りて行った先の隠れているような所だったり。
最近の新しい空港ではこういうことは無くなりましたけど。

以前、マレーシアのペナン島からクアラルンプール乗り継ぎで関空へ帰る際に、クアラルンプール空港でゲートまでバスで移動しなければならず、出発時刻ギリギリにゲートにたどり着いたことがありました。通常であれば「あかん!乗られへんかも」と思うタイミングでしたが、幸いにも便が遅延していたので間に合いました。顔から血の気が引くような焦りようでした。
あんな思いは二度としたくはありません。

空港内は関空より楽しそう

制限区域内の広さや店舗の多さ、楽しさという観点から見ると関西空港はあまり楽しくありません。

このことは諸外国の大きな空港に行くとハッキリと感じられます。
もちろん自分が日本人だから外国の空港は珍しくて面白い、ということもあるのですがそれでも関空は面白みに欠けます。

香港空港はこの地域のハブ空港として発着便も多く空港内もかなり広い感じがします。

ゲートの番号が3桁の所は経験上階下にあり、沖留めの機材までバスで行くところが多いように思います。

乗り継ぎ時間が1時間40分なので検査場に並んだり、ゲートに向かったりしているとあという間に時間が経ってしまいます。

なので、あまり「香港っぽさを空港内で楽しむ」感じではありませんでした。

機内食を食べたのでお腹が空いていないため、美味しそうなものは見かけるのですが食べることが出来ませんでした。

この後も次の便で機内食がすぐ出てくるのは分かり切っていますしね。

お腹が空いていればせっかくの香港なので点心を食べながらビールを飲みたいところでしたけど。

行き先により乗客に色がある

香港空港では当然キャセイは便利な位置にゲートがあります。

ロンドンのヒースロー行きなのでヨーロッパ系の人たちも多い。一方、関空発の便にはたくさんいた日本人がほとんどいなくなってしまいました。乗り継ぎの際のいつものパターン。

香港からロンドン・ヒースローまでは約13時間

関空ー香港間に引き続きキャセイパシフィック航空に乗ります。機材はボーイング777-300(ER)だと思います。

機材の後方で座席が少なくなるところはこんな感じで少し通路に余裕があるのですが、前席の背後に付いているモニターから自分の座席が少しずれた位置になるので要注意です。
座るならそのすぐ後ろの席がいいと思います。通路の広さの恩恵も受けられてかつモニター位置からもずれていませんので。

USBジャックが付いているのでタブレットのバッテリーを気にせず使えて便利です。

機内食は2回

1回目の機内食は搭乗してから約2時間後に出ました。ミートボールとマッシュポテト。
カップホルダーが上段に別についているのがちょっと便利です。

味もまずまずで問題ありません。

関空ー香港間同様、アイスクリームも出てきました。

時差ぼけ対策で腕時計は既に到着地イギリス時間に変えてあります。こんなちょっとしたことで時差ぼけ知らずなのでお勧めです。

イギリスは日本より8時間遅いので、日本を出たこの日は時差の関係で1日を32時間過ごすことになります。

香港ーロンドン間は13時間かかるので、その間は眠たくなったら寝て、起きたら映画、また寝る、を繰り返します。

2回目の機内食が出たのは1回目の約5時間後でした。またしてもマッシュポテト。

味は1回目と同じでまあまあでした。

ヨーロッパ線に関しては10時間以上は掛かるので乗る前は「今回は13時間かぁ、疲れるなぁ」と憂鬱なのですが実際に乗ってみるとなんとか過ごせます。

フルフラット・シートで寝ることの出来るビジネス・クラス以上に乗れば何の問題も無く楽に過ごせるのは分かってはいるのですが、費用対効果を考えるとちょっと躊躇してしまいます。
何せ貧乏人の子なので。

現地時刻20:30ごろロンドン・ヒースロー空港に到着しました。

日本時間だと翌日の4:30なので自宅を出てから約24時間経っています。

NEXT → ロンドン・ヒースロー空港、ロンドン・リバプール・2019年お盆休みにビートルズ(THE BEATLES)

← PREVIOUS 関空から香港・キャセイパシフィック航空、ロンドン・リバプール・2019年お盆休みにビートルズ(THE BEATLES)



 

 

 

-海外旅行, 空港, 飛行機
-, ,

© 2021 連休は旅行!連休でなくても旅行! Powered by AFFINGER5