タイ レストラン・食事

タイスキと言えばCOCA、コロナ禍直前のバンコク/冬には南の国へ行きたい・2019/2020年末年始

バンコク旅行4日目の昼。

昼食を食べるためにアソーク駅から一駅東にあるプロンポンの周辺で昼食をとることにしました。

BTSひと駅分ぐらいは歩いて行ける

東京などと同じで、バンコクのBTSも一駅分ぐらいなら歩いて行けます。

ただし、暑いので日影があれば、です。

この日も散歩がてら裏道を通ってプロンポン方面に歩いて向かいました。

スクンビット界隈はマッサージ店が多い

写真のように裏道には日影が結構あります。

バンコクでもスクンビット地区、特にアソーク駅より東側(Soiの番号の大きい方)は日本人も多く住んでいます。

逆に西側(Soiの番号の地衣さい方)に行くとインド人やアラブ人を多く見かけます。

タイ式マッサージの店には日本語が書いてあることも多いです。

ただし、日本語は怪しい日本語で結構面白いです。

「あ」と「め」って区別が付き難いんですかね?

マッサージ店の客引きものんびりしている

店先でマッサージ店のおねえさんたちやおばさんたちが所在なさげにたむろしていることも多いです。

基本的におじさんがたむろしていることはありません。

客引き、と言っても「ニコっ」と微笑みかけられるだけで、手を引っ張って店の中に引き込まれたりはしません。

せいぜい「マッサージ?」と話しかけられたり「日本人?」と訊かれたりするぐらいです。

フットマッサージをしてもらっている様子は店の外からでもよく見かけます。

日本に比べると料金が安いので、タイに来たならばマッサージはしてもらわないと損です。

施術者を指名することが出来る

おじさんにしてもらうと力が強すぎて痛いので、私は必ず力が弱そうな女の人を「指名」します。

さらに加えて「弱くして欲しい」と始まる前にリクエストします。

このリクエスト、マッサージをしてもらう前にリクエスト用紙に記入するシステムの店もあります。

このリクエストをしておかないと、痛くされた際に痛そうにすると何故かしら「おお、痛いのかい。よく効いてるだろ?」と喜ばれてさらに強くされる羽目になります。

タイ人は日本人を見分けている

バンコクではかなりの確率で「日本人?」と声を掛けられます。

もちろんお店の営業なのですが、「中国人?」とか「韓国人?」と訊かれることはほぼありません。

服装や雰囲気で日本人は見分けが付いているようです。

日本人の男性はともかく、私も日本人女性は遠目でもすぐに分かります。

これはヨーロッパにいても東南アジアにいても同じです。

韓国においても日本人女性は分かります。

日本人は概ね柔和な顔つき・表情をしています。

暑い国にもかかわらず、少し厚着をしています。

で、キャップ(韓国人はよくかぶっている)以外の帽子をかぶっていたりします。

この「帽子」ですが、日本人女性以外はまずかぶってはいません。

また、割とヒラヒラした服装をしています。

スクンビットでは高架の影を歩く

スクンビットロードはいつもは大渋滞していることが多いのですが、新年なので結構すいていました。

そもそもすごく交通量が多い道なのに片側3車線では足りないと思います。

道路上の高架はBTSのスクンビット線。

歩く時は影の中を歩かないと暑いです。

プロンポン駅に上がって反対(南側)にある高級デパート、エンポリウムに少し寄ってみました。

寄ってみても特に買いたいものはいつもないんですけど。

タイスキのチェーン店、COCA

タイスキのチェーン店ではCOCAの他にMKレストランもあります。

今回はスクンビットのSOI(ソイ)39にあるCOCAで食べることにしました。

SOI(ソイ)について

SOIは路地のことで、番号が振られています。

タクシーで行く先を告げる時に、SOIの番号を言うと運転手さんには伝わりやすいです。

バンコク市内は常に新しいホテルが建ったり、経営が替わって名称が変わったりするのでホテルの名前を言っても、運転手さんに通じないことがよくあります。

タイスキは具をアラカルト注文

COCAには日本語のメニューがあります。

色々な種類の具材の中から好きなものを好きなだけ注文することが出来ます。

「スキ」と言う名ですが、すき焼きではなくどちらかと言えば鍋の形状も含めて火鍋に近い感じです。

スープの味は自分で選べます。

日本でこれに近いのはさとしゃぶだと思います。

我々が行ったのは昼の1時半ですが、他には1組居ただけで店内はガラガラでした。

COCAやMKは店によってあるいは時間帯によってすごく混んでいる店もあればこの時みたいにガラ空きのところもあるので行く店を選んだほうがいいと思います。

とにかく飲んで食べてダラダラ過ごすために旅行に来ているので常に楽しい。

この時はしませんでしたが、個人的には最後はご飯(タイ米ですけど)をたのんで雑炊にするのもいいと思います。

タイでの旅行時の食事について

現地の物を食べることは旅行の大きな楽しみの一つだと思います。

旅行中に食事をとる回数は限られているので、何を食べてみたいかを事前に挙げておいてそれを割り振るのが良いかと思います。

バンコク滞在時には、一人旅でなければタイスキは選択肢の一つになると思います。

チェーン店なので、エアコンの効いた清潔な店内でグループでワイワイ楽しみながら食べることが出来ると思います。

道端で売っているものを食べるのは避けた方がいいかと思います。

NEXT → ホテルの部屋を移動/フラマエクスクルーシブアソーク

← PREVIOUS バンコクでの両替/SUPER RITCH

-タイ, レストラン・食事
-, ,

© 2022 連休は旅行!連休でなくても旅行! Powered by AFFINGER5