スペイン レストラン・食事 施設

バルセロネータ・コロンブスの記念塔・グエル邸、夕食はランブラス通り in バルセロナ

カテドラルの前のダリ美術館を出て、南の方へ徒歩で向かいます。

ゴシック地区は歩いているだけで楽しい

バルセロナのゴシック地区は建物の色合いが重厚で、すごくヨーロッパを感じます。

観光客も多いので、街全体が楽し気な雰囲気です。
観光客が多い街はどこでもこの感じが共通していますね。

FCバルセロナの地元なのでサッカー・グッズの店もよく見かけます。

イタリアン・ジェラートの店を発見。冬ですが娘はジェラートを食べるらしい。

バルセロネータは地中海沿岸を感じる

地中海沿岸は楽しげな雰囲気。

12月なのでヨットはここにあるけど、夏は大賑わいな感じ。

バルセロナはそんなに大きな街ではないので、自転車があればどこでも行けそうです。

大航海時代に思いを馳せる、コロンブスの記念塔。

台座の部分に観光客が座っています。

ランブラス通りは観光客がいっぱい

コロンブスの記念塔からカタルーニ広場へ向かう道がランブラス通り。
お土産物などを売っている店が多い。

旅行先では建物のミニチュアを買うことが多いです。

ここでは当然サグラダファミリア。

明日、行く予定にしています。

世界遺産グエル邸

ランブラス通りから少し入ったところにガウディが関わったグエル邸はあります。

「ふーん、これなん?」って感じで、他のガウディ作品と比較すると地味の一言。

滞在時間30秒ほど。

ランブラス通りのオープン・レストランでパエリア

グエル邸からランブラス通りに戻ってきたところで夕食を摂ることにしました。
ヨーロッパ人には少々早い時間でしょうが、朝食をホテルで食べてから私は何も食べていません。
なので、昼食兼夕食です。1日2食のこのパターン、旅行先ではよくあります。

パエリアとねじねじパスタ(フジッリ?)。

どこでもビールを飲みながら。ピンチョスと共に。

通行人から丸見えの所で衆人環視のもと美味しくいただきました。

食後はサン・ジョセップ市場に寄ってから、ホテルに戻ります。

NEXT → ブケリア市場(サン・ジョセップ市場)、バルセロナ

← PREVIOUS ダリ美術館、バルセロナ

 

-スペイン, レストラン・食事, 施設
-, ,

© 2021 連休は旅行!連休でなくても旅行! Powered by AFFINGER5