イタリア スペイン フランス

バルセロナ・パリ・ローマ、2015年末年始7泊9日のヨーロッパ旅行

冬のヨーロッパは航空券が割安

ある日、妻に
「年末年始にヨーロッパに行くか?」と訊くと
「長時間飛行機に乗るのはしんどい」らしい。

そのやり取りを聞いていた娘が
「私が行く!」と言うので妻を留守番に置いておいて高2の娘と二人で行くことになりました。

お盆やGWに比較して、季節のよくない年末年始のヨーロッパは年3回ある大型連休の中で最も航空券が安い。

ヨーロッパ周遊だとロンドン・パリ・ローマも定番のなのですが、冬は寒いのでなるべく緯度の高い所には行きたくない。

なので当初は、地中海沿いを移動するバルセロナ・マルセイユ・ローマを考えていたのですが、娘が、
「パリにも行きたい」と言うので
「寒いよ」と言いつつもパリには行くことにしました。
娘には弱いです。

ということで、7泊9日でバルセロナ・パリ・ローマに決定です。

旅行計画はとっても楽しい!

私の知人曰く、「行くことよりも計画の方が面白い」らしい。
分からなくはありません。

どういう路線のチケットを取るのかも、旅行プランニングの面白さがあります。

関空から行く際にゲートウェイとなる都市の候補はパリ、ロンドン、フランクフルト。

エール・フランスでパリ入り・パリ出のパターンとの比較で選んだのがルフトハンザでフランクフルト経由バルセロナ入り、都市間移動はLCCを使いローマ出フランクフルト経由のオープンジョー。

単純往復のチケットに比べて少し高くなる事が多いのですが、そう何度も行く旅行ではないのでそこはエコノミーでもあるので、よしとします。

各都市を周る順番はバルセロナ・パリ・ローマです。

あれれ?地図で見るとバルセロナとローマはフランクフルトからは同じような距離ですね。
イメージ的にはイタリアよりスペインの方が遠くにある感じなのですが、バルセロナが最もフランス寄りにあるためですね。

バルセロナ~パリ間の移動はトランサビア航空(オランダ系LCC)で、パリ~ローマ間はイージー・ジェット航空(イギリス系LCC)でチケットを取ることにしました。

帰りはフランクフルトから羽田も経由するので、行き帰りで都合7区間!飛行機に乗ることになります。
飛行機も空港も大好きなので望むところ

定番の観光地巡りはツアー・パンフを参考に

基本的に旅行先ではスタンプラリーよろしく、定番スポットを押さえておきたいのでいつものように旅行代理店に行ってツアーのパンフをもらい、
「ツアーだとどんなところを見てまわるのかな?」と下調べをします。
もちろん、その代理店で予約をしたりもします。
今回も当初は、
「バルセロナからマルセイユを経由してローマに行きたいのですが、鉄道でも行けますか?」と、お店で相談しました。

が、基本的には自分で個人手配をすることがほとんどです。
団体旅行・ツアーは苦手です。
他人との団体行動が大の苦手なので、自分の行きたいところに行きたいように行く、これに尽きます。

なのでパンフでは
「世間の人はどこへ行くのかな?」と参考にさせてもらいます。
他は人によって行きたいところが違うでしょうから、それぞれの好みに応じてネットやガイドブックで調べるのがいいと思います。

バルセロナ・・・サグラダ・ファミリア、グエル公園、カーサ・ミラ、カーサ・バトーリョ

パリ・・・ルーブル美術館、オルセー美術館、ベルサイユ宮殿

ローマ・・・コロッセオ、ヴァチカン、トレビの泉

定番観光スポットを巡ることにしました。

バルセロナに着くのが夜なので、7泊の割り振りをバルセロナ3泊、パリ2泊、ローマ2泊に決定。

エアー(航空券)の次はホテル選びですが、3都市ともに世界的な観光地で見どころの多い街なのでそれぞれ連泊することに。

荷物もLサイズのキャリー・ケースなので1泊ごとにホテルを替えるのは少ししんどい。これがレンタカーを使う旅ならば1泊づつホテルを替えてゆくのもありです。

ホテルはバスタブが付いていて高額ではないところでかつ、ヨーロッパらしさを感じたいのでチェーンホテルを避けました。

ホテルの立地はいつものように移動が便利でにぎやかな所を選びます。

航空券とホテル代金は下表のようになりました。

 H27年12月27日ー1月4日                        バルセロナ・パリ・ローマ
  単価 数量   合計    名称    備考
航空券 ¥119,750 2 ¥239,500 ルフトハンザ 手数料¥10,800
航空券  ¥10,108 2  ¥20,216 トランサビア バルセロナーパリ
航空券  ¥10,507 2  ¥21,014 イージー・ジェット パリーローマ
小計 ¥280,730
ホテル  ¥17,000 3  ¥51,000 コロン バルセロナ
ホテル  ¥28,196 2  ¥56,392 マデリーン・プラザ パリ
ホテル  ¥22,979 2  ¥45,958 キリナーレ ローマ
小計 ¥153,350
合計 ¥434,080

パリは基本的にホテル代が高いですね。(そしてロンドンと同様に部屋が狭い)

合計で一人22万円ぐらいです。
LCCは荷物を預けて片道1万円程度なので国際線であることを考えると安いです。

帰りは関空へは羽田経由です。

バルセロナからパリへはeasyjet。フライトは約2時間。
出発時刻(9:15)の2時間前に空港へ行くことを考えると、朝が結構早い。

パリからローマへはtransavia。これもフライトは約2時間。
こちらはさらに朝が早い。なのでホテルは朝食なしでOK。

後は、行きたい施設(サグラダファミリアやヴァチカン美術館等)のチケットを予約して、バウチャーをプリントアウトしたものをA4のクリアファイルに時系列に綴じておき、同じものをもう一部娘に持たせて、携行用にもう一部自分で持っておく、という保険を二重にかけてるような準備をします。

娘に怒られないように出来る限り抜かりなく準備するのも、旅行スキルが鍛えられてよろしいかと。

NEXT → バルセロナ・パリ・ローマ7泊9日美術館巡り、フランクフルト乗り継ぎ

 

-イタリア, スペイン, フランス
-, , , ,

© 2021 連休は旅行!連休でなくても旅行! Powered by AFFINGER5