イタリア 施設

コロッセオまで歩くと古代ローマの匂いがする、イタリア2日目

イタリア2日目、ヴァチカンからコロッセオまで歩いて観光。日課のジェラートと共に。お腹壊すよ。(2016年1月2日)

ヴェネツィア広場

 

ここいら辺りからコロッセオにかけては古い遺跡が続きます。

道すがらフォロ・ロマーノが見える

この辺りは遺跡だらけで、こんな街中にこんな広い遺跡をよく保存しておくものだなぁと感心します。

掘れば掘っただけ遺跡が出てくるんでしょうね。

都市計画が難しそう。

バチカンからテルミニ駅にかけては高いビルが一切ない感じで、こういうところは京都と同じですね。

ローマの方が遥かに古い感じですけど。

ヴェネツィア広場からコロッセオまではほぼストレートな道で、遠くにコロッセオが見えるので、「おおっ!あれがコロッセオか!」とちょっと感動します。

こんなのがずっと続きます。

この日は歩行者天国でした。

フォロ・ロマーノはただ見で

フォロ・ロマーノは入場料が必要なので入りませんでした。外からも結構見えるし。

 

入場してしまうと、上から俯瞰で見れない。

掘って出てきたであろう遺跡なので、道路面よりかなり低い部分に広がっています。

中に入れば入ったで古代ローマに思いを馳せることが出来そうです。時間が無かったのでまたの機会に。トレビの泉にコインを入れておいたので。

コロッセオは工事中

この角度から見るとちょっと興ざめしてしまうかも知れません。

おまけにエレベーターがあるなんて。

 

工事付加物の写らない角度を探して撮ったのがこれ。

 

コロッセオは予約していなかったので、中には入りませんでした。

「ドラゴンへの道」を何回も観ているので、ブルース・リーとチャック・ノリスの死闘のシーンはよく覚えています。

もちろん、時間があれば入りたいのですが、当日券を買おうとすると長蛇の列に並ばなければなりません。

娘も同じくトレビの泉にコインを投げ入れているので、次の機会があることでしょう。

コンスタンティヌスの凱旋門

パリのエトワール凱旋門はこれを模したものと言われているらしい、世界遺産。

コロッセオの脇に「ぽろん」と建ってます。

周りには奴隷の剣闘士や猛獣を入れていたであろう小部屋らしきものの遺跡がありました。

個人的にはヴェネツィア広場からここ、コロッセオに続くエリアが最も古代ローマを感じさせる気がしました。

観光に来られる方にはぜひ歩いてみることをお勧めします。

ローマに行ってきた!って気分に浸れます。

NEXT →

← PREVIOUS ローマ市街は見どころいっぱい!サンタンジェロ城、ナボナ広場、パンテオン

 

-イタリア, 施設
-, , ,

© 2021 連休は旅行!連休でなくても旅行! Powered by AFFINGER5