フランス 美術館・博物館

オランジュリー美術館、モネの「睡蓮」を観に

オランジュリー美術館はオルセー美術館から歩いてすぐ

オルセー美術館を見た後、セーヌ川の対岸にあるオランジュリー美術館に歩いて行きました。

オルセー美術館を出たところにスイーツ・スタンドを見つけた娘はブラウニーか何かを買って食べていました。向こうに見えるのはルーブル美術館。

オランジュリー美術館の入り口は建物のコンコルド広場側にあります。

マリー・アントワネットが処刑されたところですね。

入場の際の荷物チェック時に、日本のパスポート(18歳未満なので入場無料の証明書として)を見た係員さんが娘に
「日本人?こんにちは!」とニコニコしながら対応していました。

日本人は嫌われてはいないですね。(2015年)

オランジュリー美術館は小規模

絵には詳しくないのですが、ゴーギャンの絵はすぐに分かります。

モディリアーニも同じく。

ルノワールも。その柔らかい感じが。

オルセー美術館にあるものとは少し違う「ピアノを弾く少女たち」。こちらの方が少し荒い感じ。よくわかりませんが。

モネの「睡蓮」のためだけの部屋

個人的に最も印象に残ったのはこの部屋。

モネの「睡蓮」だけが展示してあります。これを見るために来る人も多いかも。

オランジュリーは30分ぐらいで見終わりました。

モネの「睡蓮」以外はこじんまりしています。

客もオルセー美術館やルーブル美術館に比べると少ない。

1日に行ける美術館は2つか3つと言う人もいますが、その施設の規模と体力次第だと思います。

この時点で16:15ぐらいだったので、この後シャンゼリゼ通りに行き、凱旋門まで歩きました。

NEXT → シャンゼリゼ通りではあのメロディーが頭から離れない、フランス2日目はハードスケジュール

← PREVIOUS オルセー美術館、フランス2日目はハードスケジュール

 

-フランス, 美術館・博物館
-,

© 2021 連休は旅行!連休でなくても旅行! Powered by AFFINGER5