ホテル・旅館 熊本

熊本、宿泊は植木温泉・荒木観光ホテル

3泊4日旅行の1日目、熊本駅からレンタカーで植木温泉にある荒木観光ホテルに移動しました。

駐車場は無料です。

ひなびた温泉街にあり、人の気配がありませんでしたが、それもまたよし。

常時いるフロントスタッフは中国人と思しき1名のみ。

応対は丁寧です。

ロビーは広々。

売店もあります。

ロビーにはコーヒーのベンディングマシーンもあります。
珍しくエスプレッソもあるので「わーいっ😄」と思ったのですが、よく見ると¥300と書いてあります。
ベンディングマシーンですもんね。
飲みませんでした。
最近、有料のところはあまり見かけません。

昭和の観光ホテルの典型的な感じ。

5Fのラウンジは営業していませんでした。

全体的には団体旅行のお客さん向けの典型的な観光ホテルです。
コロナの影響で団体旅行客は国内・国外ともにいないでしょうからホテル業界は大変だと思います。

和洋室は十分な広さ

ベッドは2つなので3人目はここに布団を敷きます。

部屋はグランドゴルフ場ビュー。宿泊者は無料でプレイできるようです。

いつものように避難経路を確認。ベランダに出られるのでいざとなればどうにでもなりますけど。

角部屋の場合は2面採光であってほしい。

露天風呂は広い

結構広い露天風呂がありますが、大浴場を出て20mぐらい距離があるのでたどり着くまでが寒いです。

私が入った時は貸し切り状態でした。こういうことはちょくちょくあります。

露天風呂は少しぬるめで38度ぐらいな感じ。いつまででものぼせずに入っていられそうです。

夕食は熊本弁を聞きながら

夕食の時間は30分刻みで指定する方式で、私たちは19:00を指定。

夕食の量は十分すぎるほどで全部食べると動けません。

牛肉はバター味の蓋をする陶板焼きなのですが、蓋をすると蒸し焼きになって、個人的には牛肉には不向きな調理方法に思えます。

夕食は夕食会場で頂くのですが、全5組しかいませんでした。
どこも厳しい状況が続いているようです。

朝食も夕食と同じ会場で

朝食も時間指定方式で8:00を選択。バイキングではないのですが、いい感じです。

テーブルには醤油は有れども塩は無し。
なので目玉焼きには醤油をかける方式。
その昔、伯父がしているのを見て不思議な感じでした。

全体的に昭和の和定食。

「そして誰もいなくなった」、のいつもの風景。

コーヒーは自由に飲めるのですが、私たちが最後なので仲居さんたちに「コーヒーを飲んで行ってください」と勧められました。捨てるのはもったいないですもんね。

でも、そうするとロビーにあるベンディング・マシーンのコーヒーの方は売れなくなっちゃいますけど。

和洋室、朝食・夕食付き3名で税込み¥49,500でした。

全体に建物も広く、昔ながらの観光ホテルですが個人的には好きです。

NEXT → 有明海へ、柳川むつごろうランド・水郷柳川

← PREVIOUS 阿蘇から熊本城へ



-ホテル・旅館, 熊本
-,

© 2021 連休は旅行!連休でなくても旅行! Powered by AFFINGER5