ホテル・旅館 島根

グリーンリッチホテル松江駅前、BMW X3で米子・松江の旅・2021年9月コロナ禍の中

ペンギンミュージアム・野鳥観察舎で野鳥を見た後、この日の宿泊先のグリーンリッチホテル松江駅前に宍道湖の北側周りで向かいました。

この道路、常に宍道湖を右側間近に見ながら走れるので景色がいいです。

おまけに松江市街が右前方遠くに見えているので、松江市街までの距離が分かりやすい。

ほとんどの人が宍道湖の南側を通ると思いますので、こちらの道は空いていて観光にはお勧めです。

駐車場の位置には要注意

いつものようにホテルのフロントに妻に駐車場の場所を訊きに行ってもらったところ「『シャミネ』の駐車場に入れてください」と言われたらしい。

で、ホテルの隣になんとなく『シャミネ』(SHAMINE)っぽい文字を見つけたので車を入れたのですが、何か雰囲気が違う。

よく見ると「SHAMINE」ではなく「SHIMANE」と書いてありました。

島根銀行の駐車場でした。

まぎらわしい!

ホテルの裏側にその「シャミネ」とやらの駐車場はありました。進入路が少しわかりにくいので注意が必要です。

以下に解説をば。

ここの進入路を見逃してもう一周する羽目になったのが私だけだとは思いたくない。^^

フロントロビーは朝食会場

ここのフロントロビーはちょっと特徴があります。

右に見えているスペースが翌朝には朝食会場になります。

朝食時以外はこの状態。

部屋のキースロットにキーに付いているバーを差し込んで電気系統を使うタイプなのですが、「二名分」として渡されたキーの片方をキースロットに差し込みっぱなしにした場合、結局「1名分」のキーとしてしか使えません。

これがカードキーの場合は、要らなくなったクレジットカードやポイントカードをカードキーの代わりにスロットに差し込んでおくのですが、バータイプだと代わりになるものがありません。

使えるキーが一つだけだと二人同時に大浴場に行く場合に不便です。

二つとも持って出ると部屋のエアコンが切れてしまうのと、防犯の為にテレビをつけっぱなしにしておくことが出来なくなります。

「キーを二つもらっても一つは死んでしまいますよね?」とフロント・スタッフに言うと、

「バーだけの物をお渡ししましょうか?」

あるんですね、やっぱり。

融通がきくスタッフさんでよかったです。

日ごろから不満に思っていることや、自分がリクエストしたい事はダメ元で言ってみるのもいいと思います。

ホテル側の求める顧客満足度の向上にも寄与すると思います。

マッサージチェアのある部屋がお勧め

部屋はプレミアム・ルームで18㎡。

ビジネスホテル標準の広さで、二人だと狭いです。

ギリギリ許せる広さ。

妻が大好きなマッサージチェア付きの部屋。

妻はこれがあるとずーーっとマッサージしています。

後発のホテルグループの場合、通常の滞在に必要なものは一通り揃っています。

この辺の感じがちょっと古臭い作り。

大浴場があるのでまあいいですけど、典型的な古いビジネスホテルのユニットバス。

リニューアル・オープンしたホテルの様ですが、水回りにはお金が回らなかったのかも。

ちょっと残念です。

男はこれでもいいですが、女性受けはすごく悪そう。

いつものように避難経路の確認をしておきます。

松江駅までは歩いてすぐ

ホテルから松江駅までは歩いて3,4分といったところ。近いです。

松江土産もここで買えます。

まぁ、「しじみ」ですね。

旅行先ではなるべくご当地ものを食べたいのとお酒を飲みたいので、夕食はたいてい居酒屋になります。

面白いことに、どこの街に行っても私たちが「ここがいい」と思って入る店はいつも混んでいます。

今回はこの「米福」にしました。

幸いなことに空いていました。

コロナ禍の中、緊急事態宣言のせいでアルコールの提供がなされていない都道府県もある一方で、ここ島根県では別世界のように平常どおりお酒が飲めました。

まあ、それ目的での米子・松江の旅なんですけど。

このお店の天丼、具だくさんでお勧めです。

旅行の際の夕食にはこのお店、失敗が無いと思います。

ホテルの部屋からは宍道湖が見える

駅前なので考えてもいませんでしたが、「パーシャル・レイク・ビュー」の部屋でした。

ホテルとしてはそんなことはうたってないようですけど。

高いビルがあまりないことが幸いでした。

朝食会場はフロントロビー、その2

夜のフロントロビー。コーヒーはお持ち帰り可。

朝のフロントロビー。朝食会場に変わっています。面白い作り。

中国で、クラブハウスのフロント前がここと同じようにレストランになっているゴルフ場に行ったことがありますが、それ以来のユニークな使い方です。

メニューはごく普通のビジネスホテルのバイキングメニューでした。

面白いのは朝から軟骨のから揚げがあったこと。これって酒のおつまみのイメージですけど。

写真には写っていませんが、「しじみ汁」がありました。

子供のころはシジミ汁は嫌いだったのですが、ここのは美味しかったです。

生まれて初めて美味しいしじみ汁を食べました。

隣のテーブルで食べていた人も、「ここのしじみ汁は美味しい」と言っていました。

朝食付き2名で¥13,348でした。

部屋が少し狭くて水回りが古いままであることを考えると値段は妥当な線だと思います。

立地はいいのですが、個人的には古さが気になります。

近くにドーミーインがあるのですが、松江のドーミーインには大浴場がありません。

「ドーミーインの意味ないじゃん」なホテルなので、ひょっとしたら日本で一番残念なドーミーインかも知れません。

そう考えるとこのホテルも悪くはないかも。

NEXT → 現存天守を持つ松江城、BMW X3で米子・松江の旅・2021年9月コロナ禍の中

← PREVIOUS 宍道湖グリーンパーク・ペンギンミュージアム、米子・松江の旅2021年9月コロナ禍の中

 

 

 

-ホテル・旅館, 島根
-, , ,

© 2022 連休は旅行!連休でなくても旅行! Powered by AFFINGER5