ホテル・旅館 愛知

三井ガーデンホテル名古屋プレミア、お盆休みに中部地方の旅2017・愛知県

お盆休みに中部地方の旅2017・5日目、名古屋駅前の三井ガーデンホテル名古屋プレミアに宿泊しました。

部屋にはカウチがあり、昼寝も出来るのでこのタイプは歓迎です。

部屋の広さが同じ場合、ダブルかツインを選べる時にはダブルの方がベッド以外の「余白」部分が広いのでダブルを選びます。

ツイン(の部屋)には置いていないがダブル(の部屋)にはソファーが置いてあるケースもあります。

部屋の雰囲気は外国のホテルっぽい。

後発の新しいホテルだけあって、古いホテルにありがちな「これどないなっとるん?」な不満点がありません。

部屋がこの雰囲気なのに大浴場もあります。

ここ近年出来たホテルは古いホテルの欠点をこまめに潰しているように思います。

スリッパはディスポですし、必要なものはキチンと部屋にあります。

今回はアゴダで予約して料金は素泊まりで¥19,038 でした。お盆料金ですね。

部屋からは名古屋市街が見える

部屋が高層階にあるおかげで、市街地が見渡せます。

予約時には「高層階」をなるべくリクエストするようにしています。

もちろん安い料金、安い部屋の場合は低層階になってしまいますが、そんな時は「火事になったら速く逃げられる」と思うことにしています。

隣にも結構高い建物がありました。

※ 後日、三井ガーデンホテル名古屋プレミア

ゆっくり寝たい時は素泊まりで

旅行最終日の朝で、特に予定を立てていなかったので朝食なしのプランを選びました。

朝食付きの場合、その時間に合わせて起きないといけないのでゆっくり出来ません。

今回は、ホテルで朝食はとらずにどこか近くでブランチを食べることにしました。

大名古屋ビルヂング(ビルディングじゃないんです)にあるRHUBARBEでガレットをいただきました。

まとめ

特にこの後観光したいところも無いため5泊6日のお盆旅行は終了。

名古屋から兵庫の田舎へ帰りました。

自宅に帰って荷ほどきをしていると、白いズボンが1本無い事に気が付きました。

三井ガーデンホテル名古屋プレミアに電話すると「客室係から届けられているので着払いで送ります」とのこと。
助かりました。シーツが白いので、パッキングの際に見落としたようです。^^

車での周遊旅行は行きたいところへ行きたい時間に行けるので便利です。

問題があるとすれば昼食時にお酒が飲めない事。

これは一か所滞在型や車以外での移動手段を使う旅行と比較した時の大きな残念ポイントです。

それでも夜は飲めるので、車の運転が好きな私としてはどちらのパターンの旅行も大好きです。

知らない土地で初めて出会う風景や食べ物などの非日常体験は人生を豊かにしてくれるので、これからも「連休は旅行!連休でなくても旅行!」を続けたいと思います。

← PREVIOUS 夕暮れの名古屋城、お盆休みに中部地方の旅2017・愛知県



-ホテル・旅館, 愛知
-

© 2021 連休は旅行!連休でなくても旅行! Powered by AFFINGER5