イギリス ホテル・旅館

Radisson Blu Edwardian Heathrow、ロンドン・リバプール・2019年お盆休みにビートルズ(THE BEATLES)

6泊8日の初日は自宅を出てから24時間以上かかってようやくたどり着いたRadisson Blu Edwardian Heathrow。

ヒースロー空港の外周道路沿いの暗闇に浮かぶ様はラブ〇のよう。^^

時間が遅いので他の宿泊客は全く見かけませんでした。

チェーンホテルなので特徴も無い代わりに問題になる所もなさそうです。

ツインルーム

チェーンホテルの安心感もあって、特に問題の無い部屋。

ヨーロッパのホテルのツインベッドルームでよく見る幅の狭いベッド。

外国のホテルを予約する時は必ずバスタブ付きを選びます。個人的にはシャワーのみはありえません。

これもヨーロッパによくある一部にガラスが付いていてシャワーカーテンが無いタイプ。シャワーの際に気を付けなければ床がびしょ濡れになります。

ミネラルウォーター(ノンガス)もありました。

大陸ヨーロッパでは水を買う際にガス入りかどうかを確認しますが、イギリスでは確認した記憶がありません。基本的にノンガスなのかも知れません。

ツインに泊まるといつも思うのですが、「なんで荷物を広げる台が一つしか無いの?」

ツイン・ベッドがあるということは2人で泊まるのだから、スーツケースも二人分あるはずじゃないですか?

どうして一つしか台(名前を知らないんですけど)が無いのか不思議でなりません。
台が二つ置いてあったところはほぼ記憶にありません。

単にスペースの問題なのかどうなのか分かりませんが、一つしか無ければもう一つは床に置くしかないじゃないですか。何とかして欲しいものです。

イギリスのコンセントはこのタイプ(他にもあるかも)。アダプターを持っているので問題はありません。

関空で借りたGLOBAL WiFiのモバイル・ルーターのスイッチを入れてWiFiに接続します。

ホテルの料金は朝食なしで¥10,480 でした。

ラディソン・ブル・エドワーディアン・ヒースローはレンタカーオフィスまで近い

 

ロンドンの街中には絶対にないであろう広い駐車場があります。

昨夜遅くに着いたので周辺の景色が分からなかったのですが、空港近くだけあって高い建物は見当たりません。

エントランスの向こうが駐車場。

ここからはレンタカーのオフィスまで歩いて数分のはず。

次女はまだ寝ているので、朝の散歩も兼ねてレンタカーを借りに行きました。

NEXT → ヒースローでレンタカーを借りる、ロンドン・リバプール・2019年お盆休みにビートルズ(THE BEATLES)

← PREVIOUS ロンドン・ヒースロー空港、ロンドン・リバプール・2019年お盆休みにビートルズ(THE BEATLES)



-イギリス, ホテル・旅館
-,

© 2021 連休は旅行!連休でなくても旅行! Powered by AFFINGER5